なべやblog

ビジネスとキャンプと酒をこよなく愛す

利益の最大化戦略

あなたは利益を最大化できていますか?まず利益とは?利益最大化戦略

投稿日:2021年1月6日 更新日:

まず質問です。

外食に行くとします。

あなたは

寿司では会計が何円かかると考えますか?

ラーメンでは何円かかると考えますか?

おそらくお寿司というと10,000円くらい

ラーメンで言うと1,000円くらいと想像しませんか?

しかし仕込みの時間はどちらが掛かると思いますか?

利益はどちらが高いと思いますか?

さあそれでは

・利益とはそもそも何なのか?

・利益最大化のための戦略立案方法を徹底解説していきます。

このブログを見るとあなたは

15分程度で集客が驚くほど改善し

コンサルとしての十分な基礎理解が深まります。

利益とは?

利益とはそもそも何でしょう?

この上図の状態の際このお店は赤字?黒字?どちらでしょうか?

この状態だけ見ると赤字ですよね。これを単発的に損益を見るといいます。

それでは下の図を見ていきましょう。

このように

そのお客様の獲得にかかったコストとLTVを考えて損益を考えるのです。

そして改善は

RT率が悪いのは商品・店員の質を改善する。

回数が悪いのはお客様と店員の関係性を改善する。

このようにLTVを分解し考えることでどこを改善するのかが分かるのです。

単発的に損益を考えることも確かに必要ですが生涯を考えて損益を見ることの方がもっと重要なのです。

ここでは

短期的な収益構造ではなく長期的な収益構造と管理を行うべき。

ということを説明しました。

利益最大化のための戦略

コスト戦略:コスト構造から考える

椅子を売る時、どのようにして椅子の販売をしますか?

この椅子は品質・形、全く同じものです。

これをコスト構造から考えていきましょう。

このように自社の椅子のコストを分解しどこか無くす又は減らすことでコストを下げて売り出すのです。

そうすることで競合より1,000円安く売りだせるのです。これはまさに【ニトリ】ですね。

このコスト分解によるコストダウンの例として

・原価率50%のハンバーガー

イートイン無し皿洗い無し・食器無し・スペース減

キャッシュレス決済のみレジ作業の短縮化

その分を原価に投入し質のいい商品を作り出すのです。

他には

・出前専門店

・セルフスタンド

・焼き肉

等コストを分解すると本来あるべきコストがない業態ですよね。

このようにコストを分解して戦略を立てていくのです。

ここでは

コスト分解しバランスを取りながら予算排除、追加を行い競合との差別化を行うのです。

規模戦略:集めることで価値を高める

資本と競合のバランスを上図のようなシーソーの関係にあります。

資本の低い

コンビニ・不動産などは競合が多くなり

資本の高い

デパート・遊園地などは競合は少なくなります。

それではあなたの資本は大きいですか?小さいですか?

少ないですよね?だからあなたの選択は

資本が小さく競合が多いという選択しかないのです。

だからこそ

集めることで価値を高めるということが重要になるのです。


この上図は本来2階建ての家が6件立てれる土地があるとします。

しかしこの土地を全部集めて40階建てのビルを建てるとどちらが価値が高いと思いますか?

そうこれが集めることで価値を高めるということなのです。

これは森ビルの戦略です。地道に土地を集め交渉し時間をかけ価値を高める。

しかしながらこれを真似することは難しいと思います。

それでは私たちが可能なことは

異業種のコミュニティ(集めて)を活用してそれぞれの価値を大きく高めるのです。


このように集めて価値を大きくしていくのも手となります。


また共通の手間を一括して受注することも価値の増加に繋がります。

細々に色んな業務を各箇所に頼むのは発注側も手間ですよね?

だからこそ一括で一社で受注するのです。自分でやらなくても繋がりさえあれば外注出来るのです。


資本を小さく行うが、それぞれを集めるという視点でビジネスを展開するという戦略

買うビジネス・繋げるビジネス:売るビジネスが一番難しい

CSは消費については比較し検討し購入するプロです・がしかし販売に関しては素人なのです。

そこを突くのが【買うビジネス】なのです。

古本屋を例にすると

息子が家から出て、家に残したワンピースのセット本を売ろうとお母さんがいるとします。

このお母さんはこの本のマーケット価格を理解しているでしょうか?

ほとんどが邪魔だからという理由で格安でも販売(売る)してしまうのです。

これを買ってマーケット価格で売れば利益は出ますよね。これが買うビジネスなのです。

意識的ベンチマーク/無意識的ベンチマーク

意識的ベンチマークとは

飲食で言うと

家で作れるかどうかが飲食ではベンチマークになっています。

カレーに1万円払いますか?このようにこの基準は家で作れるかどうかなのです。

銀座のと聞くとあなたは高そうか安そうかどう感じますか?

そうこれが無意識的ベンチマークなのです。

意識的ベンチマークは一般的/家庭的をイメージし

無意識的ベンチマークは高級イメージするのです。

まとめ

The following two tabs change content below.

渡辺 祐司

渡辺 祐司 32歳 山口県下関市 ビジネスに興味が有、ビジネスで学びになる情報を発信中! 趣味のキャンプ・居酒屋巡りについてもブログにしていきたいと思います。 夢は経営者。そこからまだまだ夢を広げる予定です。

-利益の最大化戦略
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

渡辺祐司
ビジネスについて集客などの学んだ知識をアウトプットしていきます。他では絶対得られない情報を掲載していきますので是非。
趣味はキャンプ・居酒屋巡り

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。